灰ヶ峰公園

d0031208_19314785.jpg

今年もきっと通うだろう灰ヶ峰公園へお正月のご挨拶。あわよくばハイタカなんぞに出会わないものか・・・。

d0031208_1934236.jpg

そんなうまい話はどこにも落ちていなくって、鳥の声ひとつなく、葉を落とした木々に吹く風は冷たい。

d0031208_19355386.jpg

それでも落葉の布団に包まれて、ギフチョウの幼虫の食草であるカンアオイは元気そう。

d0031208_19371861.jpg

ヤブコウジの赤い実も日に当たって輝いていた。

d0031208_1938625.jpg

紫式部がきれいだと喜んだら、ヤブムラサキの名札がかかっていた。今まで私はずっと間違っていたのかなあ。最近、公園内には木々に名札が付けられており、木の名前を知らない身にはとてもありがたい。できれば草花にも名札が欲しいのだけれど、これは無理な相談だねぇ。
公園へ行く道が3ヶ所凍っていて、最後のところではついに車でスキーをしてしまったオマケつき。無事に帰れてよかった、よかった。
[PR]
by krshana | 2010-01-03 19:47 | 黒瀬だより


<< オンシジウム 難を転じて >>